« スケートアメリカ17 | トップページ | 天涯無限…どこが? »

2017年12月 9日 (土)

今は、プルシェンコを応援したい

ロシア国内に対して、一定の影響力があると思うので。

どんどん言って。出られるなら、五輪に行きなさいって。

まず、ドーピングには関係無いっていう前提ですけどね。フィギュアは決してドーピング向きの競技ではないと聞くけれど、予断を挟んではいけないと思うので。潔白を信じたいけど、私は潔白である証拠も、そうでない証拠も持っていないので、判断材料がありません。

という話はさておき。

フィギュアスケートという競技において、四年間は途方も無く長いから。

メドヴェージェワほどの選手だって、ティーンエイジャーだからって、四年後に、選手で居られる保証なんか無い。実際、ソチに出ていたソトニコワもリプニツカヤも、もう居ない。

メドヴェージェワは、本当に美しいスケーターです。才能という意味で、あれほどのものを持った選手は殆ど知らないし(ゼロとは言わないが)、今年のFS「アンナ・カレーニナ」がまた、抜群に美しいし。あれを滑って女王になる彼女を、観たいんです。

彼女は間違いなく、今がキャリアのピーク。長く続けて二度目のピークがある可能性もあるけれど、ここだけかもしれない。

そこに、五輪があるのに、出られない。そんなことがあっていい筈が無い。

それに、彼女が出ない五輪で誰が勝ったとしても「メドヴェージェワが居なかったから」って思っちゃうだろうから。敢えて言えば、カロリーナは例外かもしれないけれど。

あと、ヴォロノフ。

彼は、30歳の今が、まさにキャリアハイ。

うだつの上がらないキャリアなのに、フィギュアスケートが好きだから、もっと上手くなりたいからと言ってここまで来た彼は、尊敬に値します。

そんな彼に、最後の晴れ舞台を踏んで欲しい。彼はまだ、五輪に出たことが無いんです。

ボブロわ&ソロヴィヨフ。ステパノワ&ブーキン。ジュニア時代から観てきた二組。彼らのことは、素直に可愛い。メダルには関係ないところに居るけれど、彼らが晴れ晴れと演技をしている姿を観るのは、文句なしに幸せ。

その幸せを、私から取り上げないで。

お願いだから。

« スケートアメリカ17 | トップページ | 天涯無限…どこが? »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スケートアメリカ17 | トップページ | 天涯無限…どこが? »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ