« まず、最初に立ち戻る | トップページ | 幻想を抱かない理由は »

2017年10月20日 (金)

投票日になる前に!

憲法は変えない方が良い。このタイミングでの解散は納得出来ない。モリカケについては説明が足りないと思う。内閣支持率は解散を表明した瞬間に下がって、首相が信頼出来ないと言う。

世論調査ではそうなのに、自民党に投票する人が多いらしいこの不思議。

新聞社の人から個人的なツテで聞いたので、情報ソースは明かせないけど個人的には信頼している筋からです。安倍首相にはもう辞めて欲しいが、政権は自民党に持っていて欲しいから、自民党に投票するという人が多いそうな。

…そう思うなら、他党に投票しなきゃ。

自民党政権じゃないと困る。

その考えは重々理解出来ます。というか、私もそう思っている。それ以外の党に政権担当能力が無いからという消極的理由ですけれど、それでもね。

ただ、自民党には入れません。

安倍首相に続投して貰っては困るから。

憲法については、議論は常にしていていいし、変えた方がいいんじゃ? と思う個所もあります。でも、安倍政権下では嫌だ。というのは、彼のこれまでのやり方からして、全然議論が熟していない時に強行突破するのが目に見えているから。あと、個人的な話、怖いくらい彼を信用出来なくて、こんな大事なことを任せたくないから。

ついでに言えば、以前に自民党が出していた自主憲法の草案は通読しましたが、肌に合わなさ過ぎて心に蕁麻疹が出ました。私は自民党的な国家観や家族観には心底馴染みません。

基本的に自民党好きではありません。

ただ、完全にアンチ自民ではないんですよね。というのは、自民党の中には、使命感を持って真面目に政治に取り組んでいる、心ある政治家もたくさん居ると思っているので。いや、大抵はどこの党にも居るでしょうが。あと自民党は母数が多いし、何と言っても与党で足元が安定しているから、余計な心配をせずに政治に取り組める環境でもあると思うんですが。

話が逸れました。

安倍首相は人にきちんと説明をしないんですよね。安保関連法については、成立後も丁寧に説明を続けてくと言ってましたが、あれ以降何の説明も聞いた覚えがありませんし。「北朝鮮の脅威が叫ばれるこのタイミングで解散している場合か?」「北朝鮮によって選挙が左右されることがあってはならない」――解散表明から間もなく、こんなやり取りがあったと思いますが、この会話噛みあってませんよね? 相手が問いたいことに答えずに、自分が言いたいことを言っただけです。安保関連法の答弁などもそんな感じだったから。

あの時、私は言った筈です。あの法律の本当に怖いところをきちんと説明してくれたなら、貴方を信じて検討する、と。逆に言うなら、それをしないで上っ面だけ綺麗なことを言う人は信用しません。

信用出来ない人に憲法は触らせたくありません。これは絶対。

でも、これまでの経験則から、彼は絶対やると思うんですよね。それこそ安保関連法の時がそうだった。選挙で勝ったから信任は得ているよね、と言って。選挙では敢えて争点化しなかったけど(これは、ごまかされる有権者も悪いんだけど)。数の論理で、説明を尽くさずに、力づくで押しとおりますよね。

そんな憲法、私は嫌ですから。ちょっと日本人をやめたくなるくらい嫌だよ。

モリカケは、最重要課題だとは思わないけど、流石に説明が尽くされたとは全然思ってないし、首相の資質を問う上で大事な問題ではあると思うんですよね。

でも、安保関連法の説明すらしなかった人が、選挙に勝ったらこれ以上説明する筈も無いので。

だから、安倍首相は続投させたくありません。

というわけで、他の党に投票します。

これが私の今回の選択基準。譲れないところ。ただ、何処の党にも幻想は抱いていない。リベラル系の知人が一生懸命立憲民主を押すのを、やや冷ややかめに見ていたりもします(この話は記事を改めて書きます)

選挙だけが民主主義ではない、と最近思うのだけど。でも、最も身近で、参加しやすい形式ではある。

それから、民主主義というものは、人類がこれまで何千年か文明を営んできて、「とりあえずこれが一番マシだろう」と思ってやっていることなので。大事にする価値はあると思っています。これをやっている限り「ある朝目が覚めたら、国家元首がロケットマンだった」という事態は避けられます。逆に言えば、それが出来るだけのシステムかもしれません。

でも、何かもっと「よりマシ」なものを見つけるまでは、大事にしなければいけないと思っています。そこには、何億の先人の叡智が繋がっている。彼らの命と信念も。

あと、民主主義っていうのはとても迂遠なシステム。自分の希望に100%合致する候補者なんか居る筈が無いし。みんなが考えて、投票して、結局誰もが何かを我慢しなければいけない結果を招くシステムなんです。

あと、これは日本国民全員もう学んだと思うけど、例えば政権が替わっても、何も劇的に変わったりしません。良い方にも悪い方にも。そんなことが出来るなら、バラク・オバマがもう変えていたでしょう。

それを踏まえた上で、考えて、行動しなければ。

イギリスがEUを離脱した時、多くのイギリス国民が「こんな筈じゃなかった」と後悔したと言われますが、それを自分の国でやらないように気を付けたいものです。「まさか本当に憲法が変わるとは思わなかった」とかね。

(文中、話がまだるっこしくなるので、国民投票の話は故意に省きました。もちろん手続きは承知しています)

« まず、最初に立ち戻る | トップページ | 幻想を抱かない理由は »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まず、最初に立ち戻る | トップページ | 幻想を抱かない理由は »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ