« 投票日になる前に! | トップページ | それでも私は日本人だから »

2017年10月21日 (土)

幻想を抱かない理由は

立憲民主党枝野党首は、政治家としての筋は通していると思います。また、結党のスピーチは何かとリベラル心に触れるものがありました。CMのキャッチフレーズも秀逸です。「黙っていると、ナメられる」、その通り。首相に完全にナメきられた現状がこれですから。

でも、私はあの党に幻想は抱けない。

だってね、旧民主党のメンバーばかりなわけですから。

現時点において政権担当能力があるとは思えないし。公約の中にも良いものはありますが、実現性は「?」だし(まあこれは幼児教育の無償化とかもそうですけど)。

旧民主党の何が悪いのかって。政権運営がまずかったのは言うまでも無いことなんですが。だから、早々に政権を失ったわけだし。

まずこれで「政権交代しても無駄だった、ていうか悪くなった」という嫌な経験を、日本国民にさせてしまったわけですね。

でも、なお悪かったのはその後。あそこからの党としての劣化が物凄かった。元々あった歪みが顕在化しただけかもしれませんが。

でも、足の引っ張り合いが外目に分かるくらい見苦しかったし。何より、問題の追及能力が全然無い。スキャンダルとか失言があると急に活性化してたけど、そこじゃないだろ、と突っ込んだことも多々ありました。

そう。与党に対してきちんとした論戦を仕掛けて、問題を炙り出す能力がある政治家が、野党に居ない。

それは野党の劣化ですし、それがまた、与党をつけあがらせて、与党の劣化を加速させた。

つまりは政界全体の劣化なんですけど。

その一角に居た人たちの党だから。

あと、結局のところ「アンチ安倍」で止まっている部分も多い。

私もアンチ安倍じゃなかったのか? はい、そうですよ。

でも、アンチであることは、その人に投票しない理由にしかならないんですよ。同じアンチの信条を持つ人を、無条件に支援するわけではない。

選ぶのはあくまで「何をしたくないか」ではなく「何をしたいか」を理由にしたいですから。

だから、ネガティヴキャンペーンは響かないんですよね。

じゃあ、何処に投票するの? 何処かには、とだけ、ここには書きます。

あと、共産党や維新の会は今更変わらないだろうし、希望の党は早々に瓦解すると思いますが、立憲民主党には、今度という今度こそ、すこしはまともな野党として成長して欲しい、という切なる祈りは抱いています。

« 投票日になる前に! | トップページ | それでも私は日本人だから »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 投票日になる前に! | トップページ | それでも私は日本人だから »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ