« 安心の理由と、敢えて言うこと | トップページ | 憲法は国民のものです »

2017年6月25日 (日)

擦りあったかもしれない袖の話

当然の如く面識は無いけれど、彼女は私の大学の後輩でした。

学科違いで、一学年下。

でも、私は彼女の学科の講義の中に好きなものが幾つかあって、他学科生に開放されてたのは受講していたから、何処かの教室で一緒だったかもしれない。

そうじゃなくても、物理的に狭い学校だから、購買とか学食とかメインストリートですれ違ったりしたことが、きっとあったんだろうと思う。

そうじゃなくても、私は母校大好き人間なので、同じ場所で時間を過ごした人っていうだけで、なんとなく見る目が変わってしまう。

同じ母親だからとか、年が近いからとかじゃなくて、きっと何処かで袖が擦りあう程度の縁があっただろうから。

そういう意味で、遣る瀬無く思います。

便乗? 言うなら言え。

« 安心の理由と、敢えて言うこと | トップページ | 憲法は国民のものです »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安心の理由と、敢えて言うこと | トップページ | 憲法は国民のものです »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ