« あまりにも勿体ないよ | トップページ | 敢えてこの話題いきます »

2017年4月 3日 (月)

最後の勝利者?

とりあえず、アトラが大きくなったことに納得がいかなんですけど(苦笑)

「オルフェンズ」最終回の話。

言いたいことは殆ど言ってしまったので、これまで書かなかったことだけ手短に。

ラスタル・エリオンは、あれはかなり面白いキャラだとは思いました。結局は彼がマクギリスの乱を利用して漁夫の利を得た格好になるんだけど、それによってマクギリスやオルガや、死んでしまったみんなの理想がそれなりに叶うという。汚いこともするし、現実を知り過ぎるほど知っているし、決して高潔な人格者ではないけれど、それだけに、現実に即した行動が出来る。素晴らしいリーダーなのだと思います。それが主人公の敵だったっていう、その立ち位置が凄く良かった。彼の前半生など番外編を書いても面白いでしょうね。

イオク様は、あの死に方をするなら、成長する必要は無かった。やっぱり貴方はそもそも要らない。

あとジュリエッタ。彼女は消えていた方が良かったですよ。三日月と彼女の噛み合わなさが面白すぎたから。

ただ、ガエリオがまた笑ってくれて良かった。それだけは。

落とし方はこれしか無いと思う。そして、思ったよりキャラが残ったので、荒涼としたエンディングにはならなかったですね。

結論はやはり、群像劇にしたのが間違いのもとだったと思います。諸々素晴らしいだけに残念です。

« あまりにも勿体ないよ | トップページ | 敢えてこの話題いきます »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あまりにも勿体ないよ | トップページ | 敢えてこの話題いきます »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ