« 多分、決まるんでしょうね。でも投げないで欲しい。 | トップページ | 育休中ですからね、 »

2015年9月23日 (水)

怒りを持続させること

私の恩師の言葉です。

彼は、上野千鶴子女史なんかと一緒に、今般の安全保障法制に反対する運動をしていまして。

で、今大切なのは、この怒りを持続させることだ、と言っていました。

何故、こんなことを決めるのかと怒ったこと。どうして、これだけの疑問の声が上がっているのに、決めたのかと怒ったこと。

確かに、私もそう思います。

いや、この件に限らずですよ。他のことでも。

前の記事にも書いたけど、決まったら終わり、じゃないのです。

端的に言って、相手が法律であれば、違憲の疑いで裁判を起こすことだって出来ます。憲法じゃないんで、それこそ毎年の国会の手続きで改正出来ます。

だから、投げちゃいけない。声を上げ続けること。考え続けること。

あと、これも大切。自分とは違う意見を聞くこと。

そうやって対話していく中で気づくことが、どの意見を持つ人にも、ある筈です。

それは、意外な新しい見解かもしれないし、私見にあった穴を指摘されることもあるだろうし、単純にディベートの技術が磨かれることもあるでしょう。

何であれ、それはかけがえのない体験です。そうやって議論は深まる。意見が収斂されていくこともある。各人の視野が開ける。

相手を莫迦にしないで、話を聞いて、考える。伝える努力をする。それは安倍首相がしなかったことで、私たちがしなければいけないことです。

そのために、初期衝動を忘れないこと。怒り続ける。でも、冷静に。

うちの師匠の、金言です。

« 多分、決まるんでしょうね。でも投げないで欲しい。 | トップページ | 育休中ですからね、 »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多分、決まるんでしょうね。でも投げないで欲しい。 | トップページ | 育休中ですからね、 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ