« トルフィー・エリック・ボンパール12 | トップページ | NHK杯12 »

2012年11月24日 (土)

迷っていても仕方ないから考えよう

相変わらず、選挙については考え込んでいます。

とりあえず、私の中には第三極っていう選択肢は無いので、AかBか二択です。この際、共産党という選択肢を排除しましたが、彼らは決して政権という枠組みに入ってこないので、正直、国政選挙に於いて一票を投じる意義を感じない(地方選挙の場合は、人を見て入れることもあり得ますが)

自民党に政権復帰して欲しいか?現実問題として、その可能性が極めて高いことはこの際置いておくとして、ですが。

正直言ってNOなんですよね。以前ここにも書いたけど、私は彼の党の総裁を信用出来ないと思ってきましたし、その思いは最近ますます募るばかりなので。ていうか、調子に乗り過ぎ。既に政権取った気でいるでしょう。ていうか、党そのものも、政権を失ったことに懲りて居なさすぎる。

じゃあ民主党か?野田総理に関しては、手法とか人格は、そんなに悪くは無いと思っています。ただ、彼がここで解散を打ったのは党内に野田下ろしの風潮があったからで、ここで総理を下そうとした連中が信用出来ない。まあ、彼らは既に離党してしまったかもしれませんけどね。そして、それを置いても、党として政権を運営する能力に乏しかったのは言うまでもないことで、この3年間に及第点を与えられるかと言えば、やはりNOなんですよ。

掲げていた旗は随分違った筈なのに、あれこれやらせてみると似たようなことをしでかすふたつの政党。でもこれは、ラディカルなことが嫌いな日本人がやっているから、のような気もします。特に国内向けのあれこれは、どっちにやらせても多分、当面は似たようなことになる。

対米外交に関しても、鳩山政権が駄目すぎただけで、野田政権がやることと、自民党が政権を担った場合にやることが、そんなに大きく違うとは思えない(すくなくとも当面は) 割と肝心な筈のアジア外交については、リスキーな話題だけに、誰も何も言ってくれない。

かといって棄権は有り得ないし、白票は多分、機械的に「無効」と処理されるだけで発信力が無いので、やっぱり無し。どこかには投票先を決めなければいけません。

じゃあせめて旗印だけ見てみるとしましょうか。

自民党の基本的なコンセプトは、今あるものをどうにかいじくって、やりくりしていこうということだと思います。社会保障にしても、税制や外交にしても。何しろ今あるものをこつこつ作ってきたのは彼らですからね。ただ、その作ってきたものに対する反省は乏しい。あれこれ行き詰ってるんですけれどもね。

一方、民主党は新しいものをぶち上げようと、3年前など気炎を吐いていたわけです。上手くいけば、大転換が起こる可能性もあった。残念ながら、実現性が検証されていなかったし、実行力も乏しかったので、色々軌道修正をかけているうちに、何やらおかしなことになりましたけど。

その二つを天秤にかけるという方法もある。

または、これだけは絶対にNOだ、と思えるポイントを探すという方法もあります。

選挙後に望む政権の枠組みを想定して、逆算するとか。

都市型サヨクな人にとって、少なくとも前々回くらいまでは、結構簡単な選挙だったんですよね。既存政権NOって言ってれば良かったから。それが前回くらいから、けっこう悩ましいことになってきて、今回こうなりました、と。

いや実は、あとは公約の中身を読んで最終決定するだけで、大筋は決まってるんですけどね。あ、もちろんここでは書きませんけど、流石に。

ただね、ひとつ言えることがあるとしたら、即効性のある救世主は現れません、絶対。民主主義の統治機構はそういう風には出来ていないし、世の中そんなに簡単でもない。そんなものが存在していたとしたら、バラク・オバマ辺りが既になっているでしょう。発言の内容がかなりそれっぽかった。というか、世界各国を見回しても、自国の病理に大ナタを振るって外科手術して、見違えるようにした、という首脳は多分居ない筈です。局面局面で最善を尽くしている人は居るにしても。

こつこつと迂遠な道を行くしかない、それが現実なのだから、せめてどのやり方がマシそうかを考える。選挙ってそういうものじゃないかと思います。

« トルフィー・エリック・ボンパール12 | トップページ | NHK杯12 »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トルフィー・エリック・ボンパール12 | トップページ | NHK杯12 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ