« この国が平和であるということ | トップページ | オスプレイを巡る私見2 »

2012年8月24日 (金)

女子サッカーという難しさ

このブログのうーんと昔の記事を読めばお分かりいただけると思いますが、「なでしこジャパン」という言葉が生まれるずっと前から、女子サッカー日本代表ウォッチャーでした。

「ファン」という言葉は大事にしているので、安易に使いません。とりあえず、成り行きを気にしている者でした。

その割にこのところ何も言及していないのは、世間様の熱狂ぶりにちょっと鼻白んでいるというか、逆に退いているというか、そんな状況なので。

あと何を書いても月並みになるから。

試合はちゃんと観ています。何年も前から変わることなく、彼女たちの試合は、観ていて勇気が湧いてくるような逸品です。

ただ…冷静になると、その厳しさも見えてくる。

彼女たちが持つボールコントロールの技術、分かり易いポイントを挙げればトラップやシュートの精度などは、平均的なJリーガーのそれを上回っていると思います。そこは流石に代表チームなので。

その一方、彼女たちが練習試合の相手にしているのは、男子の高校生であり大学生。強さや速さは、つまり、インターハイくらいのレベルなのです。

戦術とか陣形、パスの精度といった「通」な部分はともかく、ダイナミズム、躍動感、そういったスポーツならではの即物的な面白さにおいて、女子サッカーは永遠に、男子サッカーには叶いません。身体能力が違うから。

今、なでしこを支えている人気は、ある種の「キャラ受け」であって、サッカーが好きなんだという人は、決して多くないと思う。それを良いとか悪いとか言うほど、私は偉くないけれど、でもここに、彼女たちが抱えている難しさがあるのだと思います。

それでもなお、健闘を祈りつつ。

« この国が平和であるということ | トップページ | オスプレイを巡る私見2 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この国が平和であるということ | トップページ | オスプレイを巡る私見2 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ