« 復興需要というやつか | トップページ | 猛毒の呟き »

2012年4月14日 (土)

壮大な社会実験をしてみないか

原発の再稼働問題について。

結論から言うと、長い目で見れば、いずれかのタイミングでどこかの原発を再稼働させる必要はある、と思っています。私は緩やかな減原発派ですから。昔から。

何をどう言ったとしても、今、日本では電力各社が赤字を出しているわけで、彼らは営利企業ですから、いつまでもそんなことが続くわけがない。電力供給と燃料調達と廃炉と代替エネルギーの開発すべてのコストを一気に電気料金に転嫁したら、かなり恐ろしいことになります。

それら諸々考えあわせて、脱原発までのロードマップを示すことが、今必要なことだとは、前にもここに書きました。

でも、それは今、大飯でじゃないよね、と思う。

報道各社が言うまでもなく、手続き滅茶苦茶で、誰もとは言わないけど、あまりにも多くの人が納得していない。拙速以外の何物でもない。

私は、原発依存度が低くて比較的安定している、中部電力の管内に住んでいます。だから、こんな暴言が吐けるのかもしれない。

でも、一度、原発がすべて止まった状態を経験してみたらいいと思います。

本当にきちんと再稼働に向けた行動を取るなら、必然的にこうなるでしょう。別に、原発ゼロそれ自体を目指さなくても。

原発ナシ、代替ナシ。そんな状況、二度と無いかもしれない。

それはある種の壮大なる社会実験です。そして恐らく、物凄くダメージの大きい実験です。

でも、そのダメージを受けた上で、我々は、本当に脱原発を語ることが出来るんじゃないかと思うんですよ。

いざとなったら、今夏くらいは耐えてみせます。

料理と洗濯は夜やるし、服装さえ考慮してくれれば、昼間のエアコンもある程度耐えて見せる。テレビとパソコンは消せる。中電管内は緊迫感が薄いので、まだまだ家庭や企業の節電余力ありますしね。

で、浮いた分は関西に送りますから。

やってみようよ。そんな、二度と出来ないことを。

« 復興需要というやつか | トップページ | 猛毒の呟き »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復興需要というやつか | トップページ | 猛毒の呟き »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ