« 初めて観たもの | トップページ | 労働力の調整弁 »

2010年6月22日 (火)

ザ・ポルトガル・ショウ

南アフリカW杯、ポルトガル対北朝鮮

格がかなり上の相手に対して、無理をし続けられないと、こういう結果を招く。その典型のような試合です。

前半のうちくらいは、北朝鮮は凄く良く頑張っていたと思う。技術云々はすべて抜きで、根性論だけでやっているようなサッカーだったけど、あそこまで貫けば凄い。冗談抜きで最初から5バックなどという布陣を敷くチーム自体がまず無いし、あそこまで粘っこい、鬱陶しい守備はそうなかなかあるものではないと。

でも、持ちこたえきれなくなって、フッと緩んだところに必殺の楔を打たれて、その一打から全壊してしまったというか。

全壊。ものの見事な崩壊。3点目取られた辺りから、彼らは一体、何考えて試合してたんだろう。まさか逆転じゃあるまいし、この上は事実上、何点取られるかも意味は無い気がするし。

個人的には、C.ロナウド(我が家での通称は「坊」)の百面相を見て笑っていたら終わった、ような気がします。黙々とアシストを続ける彼の姿を観て、4年前、試合中にちょくちょくスコラーリに呼び戻されては説教食らってた彼の姿を思い出して、大人になったなぁ、と思いました。

« 初めて観たもの | トップページ | 労働力の調整弁 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めて観たもの | トップページ | 労働力の調整弁 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ