« バグダードは燃えているか・4 | トップページ | バグダードは燃えているか・最終回 »

2009年7月24日 (金)

バグダードは燃えているか・5

イラク戦争で一体何人が犠牲になったのか?

米軍や、その他の軍隊の戦死者数は判明しています。それぞれの国の管轄の役所がカウントしているので。

じゃあ、一体民間のイラク人で、あの戦争と、それに続く混乱で犠牲になった人は一体どのくらい?

アメリカ政府曰く、数えていないから分らない。

様々な団体が独自に統計を取っていますが、その数には10万人程度から100万人近くまで、ありえないほどのばらつきがあり、恐らく行方不明者(犯罪に巻き込まれたり、武装勢力、ことによったら米兵によって連行されて、それきり消息の分らなくなった人)の数も相当なものでしょう。敢えて言うなら、どこからどこまでが、この戦争の犠牲なのか、線引きの問題にもなってくる。リバーベンドに言わせると、イラク戦争以降、2親等以内の親族を亡くさなかったイラク人を知らないし、親族のうち1人の喪が明ける前に新たな犠牲者が出て、あの戦争からずっと、喪服を脱げない人も知っている、と。リバーベンド自身もいとこや友人を亡くしてます。

それにしても、知らない、は無い。既に怒る気も失せましたね。この問題の、当事者は一体誰。

自分たちが何をしたか、分ろうとする気が無い、としか思えない。

彼らがしたことは、ひとつの国家の破壊であり、無数の人生の破壊であり、2千5百万のイラク国民を絶望させること。

もちろん、すべての国家が生き延びるべきだとは、私は思わない。だけど、4年経とうが5年経とうが、あの国は戦争前よりも悪い状況のままではないですか。すくなくとも開戦前、首都バグダードに避難民が溢れていたのか。断水停電が当たり前だったのか。テロがあったのか、そして、爆弾が降ってきたのか。

大量破壊兵器を持っているフリをして凄んでいる独裁国家なんて、確かに気味の良いものではない。だけど、それ以上の実害が、一体どれだけあったのか?アメリカの口先によると、アルカイダとの関係が取り沙汰されてもいたようですが、逮捕後、サダム・フセインはそれを否定しました。そうじゃなくても、イスラム教徒なのに隣のクリスチャン家庭のクリスマス祝いにお呼ばれして、ツリーにポケモンを飾っている子供が居る、とても世俗的なイスラム国家と、ガチガチの原理主義の間が、どうやって折り合ったというのか。

本当に、大量破壊兵器が攻撃の理由であったなら、何故、誤った情報のもとに拙速な攻撃が行われてしまったのか。注意深く封じ込めておくだけでは足りなかったのか。

もっとも、私が開戦当時に感じたように、開戦ありきで後から理由をこじつけていたというなら、話は別ですが。だとしても、一体誰か、イラクをここまで破壊した責任を、イラク人に通じる形で取ったのか。

リバーベンドが3年の間、バグダードから発信してくれたメッセージを読み通した時、最も強く感じたのは、彼女が絶望している、ということでした。人が絶望していくプロセスが見えたというか。

リバーベンドは、高い教養を持つ気丈な女性です。英語で長いブログを書き、手に職を持ち、彼女を攻撃するメールが来た時も、冷静に対応していました。時に引用の誤りを指摘したり、反論の根拠になる国際条約の条文を示したり。最初の頃の彼女は、元気に怒っていた。

だけど、電気がこなくなり、水がなくなり、治安が悪化し女性の自由が制限され、親しい人たちが亡くなり、イラクの各地で見知らぬ同胞が殺戮され続け、彼女が生まれ育ったイラクという国が壊れていく中で、次第に「書く気がしない」と言うようになったのです。ただ静かに状況を憎悪するようになった。

そして、賢明なる彼女は分っていました。彼女は言います、イラク人として悲しい、と。開戦当初は、イラクでテロが起こり、外国人が犠牲になると、まだ同情の心を持つことが出来た、今はそれさえ湧いてこないと。有り得ない状況が恒常化した結果、どんどん心が麻痺していったのかなと思います。いつ、誰が殺されるか分らなくて、それがなぜかも分らない状況なんて、真っ当な感受性では生き抜けない。

誇り高い彼女を、戦争はここまで貶めた。それは恐らく、大多数のイラク国民も同じでしょう。

サダム・フセインは死に、ある意味で彼は、自らの失政をその命で贖ったわけです。別に誰も喜ばなかったとしても。

それでは、もう一方の当事者アメリカは、一体何をしてこの責任を取るというのか?

« バグダードは燃えているか・4 | トップページ | バグダードは燃えているか・最終回 »

トピックス」カテゴリの記事

ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バグダードは燃えているか・4 | トップページ | バグダードは燃えているか・最終回 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ