« カップ・オブ・ロシア08 | トップページ | NHK杯081日目 »

2008年11月27日 (木)

ボリショイバレエ「白鳥の湖」

観てきました。詳細レポートは本家サイトにUP済みです。

あー、この上演と同じ時代に生きていて、自由な時間とお金を持っていて、幸せだなーと、大袈裟だけど混じりッ気無しの本音を書いてしまいます。だってそう思ったんだもん。

これは私にとって「白鳥の湖」の一生の定番になる上演だったと思う。バレエファン暦ももう決して短くは無いけれど、こんな風に納得できる「白鳥」とはめぐり合えなかった。ほかならぬウヴァーロフの踊りでもね。

というわけで、すごく幸せでしたが、今回の公演でフィーリンが引退となり、ステパネンコやグラチョーワ、何よりもニーナといった、私がボリショイを観始めた頃の女王たちが、今回来ませんでした。ウヴァーロフも、年齢的に、ボリショイとしての来日は最後の可能性もあります。

そう思うと・・・寂しい。

でも次は、「ドン・キホーテ」です。

« カップ・オブ・ロシア08 | トップページ | NHK杯081日目 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51620/25699914

この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイバレエ「白鳥の湖」:

« カップ・オブ・ロシア08 | トップページ | NHK杯081日目 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ