« GLAYイン・ライヴハウス | トップページ | 大きなつづら »

2007年11月17日 (土)

祈るしかできない

オシム監督の話

どうか、助かりますように。言えることはそれだけしかない。回復するにしても時間がかかるだろうし、これ以上、ストレスをかけられないだろうから、監督続投は不可能だと思う。ただ、彼が意識を取り戻し、起き上がって、安らかな心でサッカーを観て、皮肉の利いたコメントを呟くくらいの、穏やかな時間を取り戻せたら、と、切に願う。

本当のところ、彼が監督としてどうだったのかは、よくわからない。というのは、日本代表の試合をそれほど多く観ていないから。ノルマ達成レベルの結果は出していたが、新聞の論調や、多少の試合を観た感想では、日本代表の欠点――思い切りの悪さに端を発する得点力の低さ――を治していたとは言いがたい。もちろん、それは監督一人でどうにかなるものではないだろうけれど。ジーコ時代に比べて、明確に何かが改善されたかというと、そうでもないような。

ただ、千葉の監督だった頃から、私は彼が好きだった。彼が来て、千葉がいいチームになったことは知っているし、彼の「クソジジイ」なコメントが好きだった。だから、お願いだから、こんなところで彼の人生を終わらせないで欲しいと思う。

それから・・・マスコミにひとつだけ突っ込みたい。倒れてから、急にオシムの評価上がったな!

« GLAYイン・ライヴハウス | トップページ | 大きなつづら »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51620/8965423

この記事へのトラックバック一覧です: 祈るしかできない:

« GLAYイン・ライヴハウス | トップページ | 大きなつづら »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ